2012年5月10日木曜日

ふりカエル

お客様から茶道や歌舞伎、能のお話をきく機会があり、興味があるので今こんな本を読んでいます。

『声に出して読みたい日本語』の著者である斎藤孝先生の『由緒正しい日本の教養』という本です。

まだ途中ですが、今日は
禅のことについて書かれてある章から
………………………(一部抜粋)……

曹洞宗の開祖である道元は
『只管打坐 しかんたざ』
つまり、ただひたすら坐れと主張した。
これは平たくいえば

『人間の至らぬ頭であれこれ考えるな』

もっとフランクにいえば、
『下手の考え休むに似たり』という思想だ。

”人間は考えれば考えるほど自意識が強くなり、驕り高ぶった気持ちになりやすい。そういう頭でっかちな部分を削ぎ落とすために、身体に帰れ”と説いているのである。
身体をゆっくりと落ち着け、静かに呼吸をして、心を静めていけというわけだ。

道元の『正法眼蔵』に、

『仏道をならふといふは自己をならふなり、自己をならふといふは自己を忘るるなり』という有名な一節がある。

仏道とは仏様を研究することではなく、自分を習うことである。
自分と向き合い、宇宙の中で自分の存在を確認するわけだが、それは自分を忘れることでもあるという。
これは一見すると、キツネにつままれたように感じるかもしれない。禅の世界ではこういう矛盾するような言説がよくあるが、要は“自意識というものを捨て去ったところに生まれるスペースが大事だ”と説いているのである。自分はこんな人間だという意識を乗り越えた果てに、新たな意識が現れる。……

概して人は、自分が他人にどう見られているか気になって仕方がない。あるいは『私はこういう人間』と主張することにばかりに熱心だ。…………自分を見てほしい、評価してほしいという、他者に依存した自己意識以外の何物でもない。こういう意識とまったく反対に位置するのが禅だ。…………



2012年5月4日金曜日

模様替えを超えて…プチ改装?!

連休後半、いかがお過ごしでしょうか?


倭夢は、この休み前に店内の雰囲気を変えました!

全体的に落ち着いたシックな感じになりました。


真ん中のテーブルで、
ゆっくり本を読みながら過ごすのもよし
仲間や初めて会った方と話すのもよし

ご自由にお使い頂ければと思います(^-^)

どこに座れば?と迷うかもしれませんが、いろいろ座ってみて好きな椅子を選らんでみてくださいね!

座ってみると…な発見があるかもしれませんd(^_^o)


展示スペースは、和に…
現在、アンティーク着物を展示中です。
こちらもさまざま変化を楽しめるスペースになります(^-^)



2012年5月3日木曜日

乙女塾 課外授業

乙女塾といいましても…
今回は着物を着始めたばかりの三十代の乙女達(笑)?の入門編です。

初めての自分の着物を着て、
お出かけしてみよう!!

ということで、遠野にある丸三へお邪魔致しました。
写真はカフェ飛翔庵にて…。

お庭の眺めもよく、和の雰囲気を堪能しながら、着物のお話やらこれからの楽しいお話で盛り上がりました(^-^)

有難いことに、着物のプロの方にも、アドバイスをいただき、綺麗に見せるポイントを教わりました!

まずは慣れるまで毎日着てみることが、上手になる第一歩ですね。

つい先日は、着物が好きで、普段から着て出かけているという若いお客様との出会いもあり、今後の乙女塾も楽しみであります。