2012年4月27日金曜日

今日のつぶやき

人間は都合がいい生き物。

ききたくないことはきかないし、

自分で言ったことも上手に忘れられ、

どこかで自分を正当化する技を身につけている。

そんな技より、

地に足つけて、
行動している人がかっこいい。


2012年4月24日火曜日

模様替え

ようやく暖かくなってきたので、奥の部屋の障子を貼り替えました!
春夏バージョンに。
さあ、気づいてもらえるでしょうか(^-^)?

空き時間に、オーナーと二人で工作…
単純な作業ではありますが、ちょっとした工夫で、簡単に手早くできるものですね。

そういえば、

‘生きているうちに頭は使いなさい’

と、昔からよく言われていたのを思い出しました(笑)

知識を詰め込むことは得意でも、案外、日々の生活の中で本当に必要な知恵をはたらかせてないんですよね。


慣れない私は、何から手をつけていいのやら?な状態でしたが、一緒にやってみたら一つ体験として覚えます。

頭で考えてばかりではバランスが悪い…何でも手足を動かしてやってみるというのが、大事だなぁと思った本日の昼下がりでした。




2012年4月22日日曜日

自分を知る

こんにちは。

四月中旬というのに、まだ寒さが残る今日この頃です。

うちの氏神さまの裏にあるまだ若いしだれ桜…
今年は花は見られないかと思っていましたが、小さく可愛い花がポツポツと咲きはじめています。


もうじき倭夢も開店から一年になります。

あっという間でしたが、いろんな方との出会いもあり、おかげさまで中身の濃い一年でした。


あるお客様との出会いで、
『自分を知る』『自分と向き合う』ことの大切さを改めて実感しています。

これを書いている私自身は、三十年の人生の中で、転機と思える時期がちょうど十年前…
玄米食に出会ったことでした。

初めは、母が始めたことだったので、自分も一緒に体にいいものを食べて、不調がなくなればいいな…というくらいの気持ちでした。

もともと食事に関心があったわけではありません。それまでのうちの食事は、思い出せる範囲では私が小学校の頃からずーーっと(笑)外食や外で買ったもので済ませていたような家庭でした。
なので、本来食事の持つ意味や、食の内容はもちろん外で買ったものがどんなもので出来ているんだろうなどと疑問に思うこともなく、意識もなく、ただ『食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べる』でした。

それが我が家の普通でした。

ですが、玄米食に出会って実践していく中で、食事の基本や食材の選び方から作り方、添加物のこと、食べ物と体の関係など…
今まで全く意識もしていなかったことを知るうちに、それまでの普通は間違ってたんだと気づきました。

みんなそれぞれいろんなきっかけで、自分と向き合う時期があると思いますが、私の場合は、この食を通して…でした。
体を作る大事な時期に、外食や甘いものばかりの無頓着な食生活をしていると、体も心も怠慢に育ちます。いざという時に踏ん張りがきかなかったり、気力があっても体がついていかなかったり。

そんな状態では、夢や目標があっても、有言不実行になってしまいます。

私はそれが嫌でした。

千坂式食事法に縁があって、実践していく中で、体は大きくなっても中身が伴っていない(体の本来、働くべき機能の働きがいまいち)そんな体質だと気づかされた時に、性根を入れて体質改善してみよう!と決めました。


三匹の子ブタの話ではないですが、作る材料(食べ物)で家(体)の丈夫さが違ってくるのです。

家なら壊して建て直しがききますが、人間の体を藁の家からレンガ造りに変えるのは、言うほど簡単ではありません。

今は、健康食品やサプリメント、体にいい水・飲み物、そんな情報がたくさんあふれていて、手軽に気軽に‘健康’になれるイメージが蔓延している気がします。

本当の‘健康’って何でしょう?

自分の体のことを知らなければ、それらを取り入れたとしても根本的な改善にはならないどころか、逆にマイナスなことだってあります。

あふれる情報から自分に必要なものを見極めることも、まずは自分、自分の体質を知ることから始まるのです。

そして、食べ物にも長所短所、食べ物そのもののもつ性質があります。
この十年、このことを体で実感し、たくさんの体験に触れられたことはとても大きな勉強でした。

ここでは、たびたびこんな話も発信していこうと思います(^_^)